MR転職のポイント

MENU

●7.MR転職のポイント

ここでは、MRとして転職する際に抑えておきたいポイントを紹介します。
経験者であっても未経験者であっても、基本的な所は変わりありません。

 

転職活動で必要なアピールは、大きく分けて2つです。
それは、「自己PR」と「志望動機」です。

 

自己PR

1つ目のアピールは「自己PR」。
ここでは「あなたと企業との重なり」をアピールしましょう。

 

まず、あなたはどんな人なのでしょうか。
あなたの特徴がわかりやすくなるように、3つのポイントでまとめます。

 

1つ目は「やりたいこと」です。

あなたはMRとしてどのような仕事がしたいのでしょうか。

  • シェアを拡大したい。
  • ドクターから信頼されたい。
  • 地域の病気をなくしたい。

そういったあなたの思いを書き出してみましょう。

 

2つ目は「できること」です。

あなたが営業(またはMR)として、能力的にできることや、
仕事で出した成果を洗い出してみましょう。

 

  • ドクターと信頼関係を築くのが早い、
  • 提案の仕方がうまい、
  • 常に予算達成率は100%以上だった、

といったことです。

 

時間管理がうまい、
長時間労働や土日出勤を余裕でこなせる、
といったことでもいいでしょう。

 

自分では強みと思っていないことでも、
とりあえず書き出してみましょう。

 

3つ目は「周りから求められること」です。

自分がやりたいとか、できるとか関係なく、
周りの人から求められることがあるはずです。

 

役割だったり、具体的な働き方だったり、
そういったものを思い出してみてください。

 

周りの人、特に先輩や上司は、
あなたが思っているよりもあなたのことを見ています。

 

周りから与えられた仕事の共通点を探すことで、
意外なあなたの特徴が浮き彫りになることもあります。

 

まとめ

あなたのことを明確にするために、
・やりたいこと
・できること
・周りから求められること
の3つを整理してみて下さい。
その中で、企業がMRに求めていることを洗い出してみましょう。

 

MRとして求めていることは、共通点がありますし、
もちろん企業によるちょっとした違いもあります。

 

MRということで

ドクターとの信頼関係の構築が必要です。
社交性がある、積極性がある、誠実な対応ができる、
といったことはMRとして必須条件でしょう。

 

また、企業による違いでいうと、
・個人プレー もしくは チームプレー
・結果重視 もしくは 過程重視
といった違いがあります。

 

個人プレーを重視する企業に、
チームプレーが得意であることをアピールしてもなかなか認めてもらえないですよね。

 

このように、あなたのことと、企業が求めていることを理解することで、
あなたの「自己PR」が明確になるでしょう。

 

志望動機

2つ目のアピールは「志望動機」。

 

数ある業界のなかで、数ある企業のなかで、
なぜその企業に入社したいと思っているのか。
つまり、あなたが入社を希望する企業と、
それ以外の企業との違いについて話をすることが大切です。

 

  • 「MRになりたい」
  • 「ドクターから信頼される人間になりたい」
  • 「地域の医療に貢献したい」
  • 「シェア拡大を手掛けたい」

といったことは、MRを求めている企業であれば、
全ての企業で言えることなのです。

 

そういったことを言われても、企業側としては、
「同じようなことを他社でも言っているんじゃないか?」
「うちの会社じゃないとダメな理由は何だ?」
と疑問に思ってしまいます。
ですので、その企業の特徴や他社と差別化された点に触れていきましょう。

 

  • シェアの高い領域はどこなのか。
  • 研究・開発に対する優位性はどうなのか。
  • 担当している地域はどこなのか。

そういった視点で切り分けてみてください。
そして、あなたが選ぶ理由を明確にするのです。

 

そのためには、「なぜ?」と5回以上、繰り返し質問してみてください。

 

たとえば、「ガン領域に強い企業に入りたい」
と思い、ある企業に応募したとしましょう。

 

そこで、「ガン領域に携わりたいんです!」
と熱意だけアピールしても、おそらく採用はされません。

 

そこで、「なぜ?」と繰り返し質問

「なぜガン領域に携わりたいのか?」

「近しい人にガンで苦しんでいる人を見て、救いたいと思ったから」

「今から医者にはなれないけど、薬で少しでも和らげることができるなら、自分にもできると考えた」

「ガン領域において、他社に先駆けて開発が進んでいるのはこの企業だ」

「世の中のガンで苦しんでいる人を救うには、この企業でこの薬を普及させることだ」

 

といった流れで深掘りしていくのです。

 

その際、その企業が
「なぜ他社よりもガン領域において先駆けて開発することができているのか」
といった点まで触れることができれば、企業側の納得度も非常に高まります。

 

このように、「自己PR」と「志望動機」
についてあなたなりの言葉でまとめ、しっかりと伝えることができれば、
MRへの転職はきっとうまくいくでしょう。

 

ぜひ参考にしてみてください。

MRの転職、年収アップなら

年収アップ、キャリアアップを目指してのMR転職なら転職成功実績多数のdodaのエージェントサービス 。

●高額、好条件の非公開求人多数。非公開は全体の80%以上で業界トップクラス。

●キャリアアドバイザーが面談であなた自身まだ気づいていない強味を発見。求人企業にその強みをアピールし、成功を後押し。

●登録は無料。年収とキャリアアップを目指すなら、こちらです。


関連ページ

MRの転職理由、スキルアップ
MRの転職理由はいろいろとあると思いますが、ここではスキルアップを目指しての転職を書いています。
年収アップ
MRの転職理由について書いています。ここでは、年収アップのために転職を考えている人にスポットライト。
転勤のないMR
MRの転職条件として、転勤のないMRの仕事を探している方もたくさんいます。そこで、MRの転勤についてです。
MRとしての戦略
MRとしての経験を他の製薬会社でも活かし、転職したい。そういった場合の、MRとして戦略性を伝える方法です。
他の製薬会社へ伝えるべきこと
MRが他の製薬会社へ転職したいと考えた時に、何を伝えるべきか?その伝えるべきことについてです。
オンコロジーMRになるために
オンコロジーMRは人気です。経験も求められますが、最近では未経験者の募集もあります。そこで、未経験者でもオンコロジーMRになるために必要な姿勢について。