大日本住友製薬のMRについて

MENU

大日本住友製薬のMR

大日本住友製薬についての情報をまとめてみました。
MRとして働く際に参考にしてくださいね。

 

働き方

現状の不調から脱するべく、様々な取り組みが行われていいます。
ただ、ジェネリックを含め、製品が多すぎてMRが把握できていないようです。

 

会社として、挑戦する姿勢を推していますが、
営業所によっては全くそのような姿勢は求められず、
どちらかと言えば既存の方法で営業をしていくことを求められます。

 

この先しばらくは新薬がないので、既存の後発品がない品目で
収益を確保しなければならず、高い営業目標が課せられています。
そのため、今までとは比べものにならないほどの、経費削減を強いられています。

 

女性の働き方

長く続けてもらうために、様々な対策の充実が図られてきています。
結婚後も仕事を続けられるように、できる限り配偶者の転勤や
家族問題などの事情も考慮した人員配置がなされてきているようです。

 

最近、女性の幹部登用数を増やしている傾向があります。
これからしばらくは男性より早く出世できる可能性があるかもしれません。
上昇志向がある人は、上を目指せる環境になってきています。

 

時短制度もしっかりしていますから、ママさんMRにとっては
働きやすい環境であるのは間違いないですね。

 

営業所だと、おおよそ10人未満、支店だとおおよそ20人未満が女性。
一方で、まだまだ寿退社や子供が出来たから退職する人は多いようです。

 

同僚や上司との関係

概ね良好なようです。
面倒見は良い会社だと思います。
しっかり教えてもらってやりたいなら良い雰囲気ですね。

 

評価者の教育システムがなく、非常にムラがあります。
徐々に改善されているようにも感じますが…
スキルアップについても、直属の上司の方針によるでしょう。
英語は現時点では必要性は感じません。
ただ、最近の新入社員を見ていると、TOEICの点数が高い人も多いようです。

 

年収

金額としては

 

20代:450〜700万円
30代:800万円
50代(課長クラス):1200万円

 

といったところです。

 

MR職であれば、日当その他手当もああります。
日常生活にも困ることはない。
また基本給以外にも、MR手当が60000円支給される点には
満足されている方が多いようです。

 

業界平均の給与水準は維持していると思います。
福利厚生が充実しているため、かなり高い水準で安定しているように感じます。

 

少し前まで、昇給は年功序列のイメージが強かったですが、
成果により、報酬に今まで以上にメリハリを付けよう、という考え方に変わってきています。
昇格も同様に年功序列ではなく、実力があれば早く昇進できます。
ですが、年々厳しい審査になってきているという話をよく聞くようになりました。

 

3年間は評価が関係ないので、まったり働ける環境です。

 

個人で達成というよりは、グループで、営業所で、支店で、地域本部で数字を設定されます。
自分が達成していても、グループが達成していなければ数字が上乗せになることも。

 

福利厚生

業界でもダントツですね。
住宅補助の上限も他社より高いうえに、そのうちの1割負担なので、ほとんどかかりません。
自車を営業車にする場合は、毎日手当が出るので、担当先が近い場合はとてもお得。
また、ポイント制度があり、ホテルに安く泊まれたりジムが安くなったりします。

 

ジョブローテーション

自己申告制度で、やりたい仕事とスキル、あと上司に恵まれれば、
本社や学術に行ける可能性もあります。
しかし希望が叶うことはあまり多くなく、
営業からの内勤異動は、年数と実績が伴わないと難しいですね。

 

基本的にMRで入社すると、他の部門への異動は難しいようです。
特定機能病院を担当したのちに、本社部門への異動というケースは希にみられます。

 

商品力

中枢領域や抗がん剤が強みです。
癌幹細胞に対する新薬には大きな期待が持てますが、
事業として仮に失敗した際の将来性が不安要素です。

 

既存のラインナップは、苦戦しています。
現在は主力だった商品のほとんどが長期収載品になってしまい、
循環器、糖尿病領域の製品は、大手メーカーと競合。
新薬がでるまで厳しい状況が続くでしょう。
他社からの導入もうまくいっていない印象です。

 

今後新しく出てくる薬剤は、作用機序が新しい薬剤(オンコロジー)、
細胞医薬品などがあります。
現在の主力製品とは、全く異なる領域に進出して行くことになります。
また、今後はグローバルにオンコロジー、CNS領域に特化して行きます。

 

海外ではラツーダ販売不振。
ブロックバスターと期待されながら大誤算でした。
日本においては、2018年発売を目指すとしています。

 

このような環境のもと、
今までのような牧歌的な社風は変わっていくと思います。
競争力が激しくなるはず。
これからはますます海外事業のウェイトが増し、
社内でも英語力が求められることになりそう。

 

パイプラインにブロックバスターになる可能性の製品が控えているため
中・長期的には期待できるのではないでしょうか。

 

以上、大日本住友製薬の口コミ情報と評判でした。
ぜひ参考にしてみてください!

MRの転職、年収アップなら

年収アップ、キャリアアップを目指してのMR転職なら転職成功実績多数のdodaのエージェントサービス 。

●高額、好条件の非公開求人多数。非公開は全体の80%以上で業界トップクラス。

●キャリアアドバイザーが面談であなた自身まだ気づいていない強味を発見。求人企業にその強みをアピールし、成功を後押し。

●登録は無料。年収とキャリアアップを目指すなら、こちらです。


関連ページ

製薬会社のMR、仕事内容
製薬会社のMR。その仕事内容について見ていきたいとおもいます。
バイエルのMR
バイエル薬品のMRについて、口コミや評判をまとめてみました。参考にしてみてください。
武田のMR
武田薬品工業のMRの情報を集めてみました。参考にして下さい。
大塚のMR
大塚製薬のMRの口コミ情報や評判を集めました。参考にしてみてください。
アステラスMR
アステラ製薬のMRについての口コミや評判などの情報です。参考にしてみてください。
第一三共のMR
第一三共のMRについての口コミ情報などをまとめてみました。参考にして下さい。
エーザイのMR
エーザイのMR情報です。仕事内容や年収など気になる口コミ情報を集めました。参考にして下さい。
参天のMR
参天製薬のMRについての情報です。給料や社風など口コミ情報を集めました。
田辺三菱のMR
田辺三菱製薬のMRについてです。年収や働き方など気になる口コミ情報を集めてみました。
中外製薬のMR
製薬会社のMRをいろいろと調べています。今回は中外製薬のMRについてです。
協和発酵キリンのMR
協和発酵キリンのMRについて、現状はどのようになっているのか、調べてみました。
塩野義製薬のMR
塩野義製薬のMRについての情報をまとめました。参考にしていただければ幸いです。
日医工のMR
日医工のMRについての情報をまとめてみました。転職等の際に参考にして下さい。
沢井製薬のMR
沢井製薬のMRについての情報をまとめました。参考にして下さい。
東和薬品のMR
東和薬品のMR情報についてです。参考になるところは参考にして下さい。
富士製薬工業のMR
富士製薬工業のMRについてです。参考にしてみてください。
テバ製薬のMR
製薬会社のMRの特徴を色々と調べています。今回はテバ製薬のMRについてです。
ファイザーのMR
製薬会社のMRについて書いていますが、今回はファイザーのMRについての情報です。
キョーリン製薬のMR
キョーリン製薬のMRについて、いろいろと調べてみました。
小野薬品工業のMR
小野薬品工業のMRについての情報です。参考にしてください。
持田製薬のMR
持田製薬のMRについての情報をいろいろと調べてみました。
日本イーライリリーのMR
製薬会社のMRについていろいろと調べています。今回は日本イーライリリーです。
ツムラのMR
いろんな製薬会社のMRについて書いています。今回は、ツムラのMR情報について調べてみました。
大正製薬のMR
製薬会社のMRについていろいろと調べて書いています。今回ご紹介するのは、大正製薬です。
ゼリア新薬
製薬会社のMR情報を調べて書いています。今回ご紹介するのは、ゼリア新薬になります。