製薬会社の歴史や特徴、新薬・ジェネリック情報

MENU

製薬会社情報

武田薬品、大塚、第一三共、アトラス、シオノギなどなど
製薬会社はたくさんあります。
でも、特徴や強みはそれぞれ違います。
ということで、製薬会社の歴史や特徴を抑えながら、
新薬・ジェネリック情報などを書いているページになります。

 

 

また、MRの転職・求人情報や気になる年収も
分かるものについては、随時記事を追加していくつもりです。
参考にして下さい。

製薬会社の歴史や特徴、新薬・ジェネリック情報記事一覧

⇒⇒武田薬品のMR情報はこちら武田薬品工業は、1781年の天明元年に大阪で創業された老舗の製薬会社です。「武田薬品」や「タケダ」など略称で呼ばれることもあります。創業当時は、薬種商の近江屋として大阪は中央区道修町に店を構えていました。当地には現在もなお本社が置かれています。そして、今や大阪は元より日本を代表する医薬品メーカーとして広く知られています。売上国内に医薬品メーカーが数多くある中でも、タケ...

⇒⇒⇒大塚製薬のMR情報はこちらのページ大塚ホールディングスとは、大塚製薬・大鵬薬品・アース製薬などの医薬品メーカーから電子・化学・食品・家具まで、様々な業種の会社が含まれている巨大グループ。2008年に大塚グループを形成する事業各社が、全体の統括を目的に設立された持ち株会社です。グループ全体の売上高は、国内の新薬メーカーでは第2位の規模を誇ります。大塚製薬大塚ホールディングスグループの中核となる...

⇒アステラス製薬のMR情報はこちらアステラス製薬は、一見すると外国企業のような社名ですが、ラテン語やギリシャ語に由来。日本語の「明日照らす」にも繋がります。「先端・信頼の医薬で世界の人々の健康に貢献すること」を経営理念として掲げている製薬会社です。成り立ちアステラス製薬は、2005年に製薬会社同士の合併により発足した企業です。国内では、大手製薬メーカー四社の一角を占めています。2005年の合併では...

⇒第一三共のMR情報ページはこちら第一三共は、2005年に製薬会社同士の経営統合に伴い発足しました。当時は、持ち株会社としての出発です。現在では、双方の吸収合併により事業を統合。事業会社へと移行しています。成り立ち2005年の経営統合では、三共株式会社と第一製薬株式会社が合流。それぞれの関連会社も吸収合併したことから、規模は非常に大きくなりました。現在では、国内大手製薬メーカー四社の一角を占めてい...

⇒⇒エーザイのMR情報ページはこちらエーザイは、一般向けOCT医薬品の広告を積極的に出稿していることから、知名度は高いです。肌あれや口内炎薬の「チョコラBBシリーズ」、胃腸薬の「セルベール」「サクロン」から栄養機能食品の取り扱いもあります。それ以外にも医療用医薬品も数多く手がけています。歴史1941年に創業した医薬品メーカーです。前身となる日本衛材の名称を取り、1955年に現在の社名へと変更されま...

⇒⇒田辺三菱製薬のMRのページはこちら田辺三菱製薬は、2007年に製薬会社同士が合併したことで発足した製薬会社です。国内の新薬メーカーでは、売上で第6位の規模となります。2007年の合併では、田辺製薬と三菱ウェルファーマが合流しました。双方実は、源流を同じとする企業同士です。東日本と西日本とを営業地域に分けてきた過去があります。田辺製薬1678年の延宝年間に大阪で薬種問屋として創業。昭和になると、...

⇒⇒中外製薬のMRのページはこちら中外製薬は、オンコロジー領域で国内トップという強みがある製薬会社です。抗がん剤の売上高の上位3位を独占している、という大きな特徴があります。創業創業は1943年。創業当時は、ブドウ糖の生産のみを行っていました。その後、徐々に規模を大きくすると共、に医薬品の開発を開始。現在では国内で大手に数えられる医薬品メーカーのひとつとなりました。2002年スイスの大手医薬品メー...

⇒⇒大日本住友製薬のMRについて大日本住友製薬の企業理念は「人々の健康で豊かな生活のために、研究開発を基盤とし、新たな価値の創造により、社会にひろく貢献すること」です。2005年製薬会社同士の吸収合併に伴い発足。国内の新薬メーカーでは、売上高で第8位の規模となります。2005年の吸収合併では、大日本製薬が住友製薬を吸収する形で国内外に多くの関連子会社をふくめ合流。現在は、住友化学株式会社の連結子会...

協和発酵キリンは、腎カテゴリーにおいて国内市場で1位である点が強みになる製薬会社です。それ以外にも「がん」「免疫アレルギー」「中枢神経」などのカテゴリーも含め世界戦略を立て各方面から注目を集めています。歴史2008年、製薬会社同士の合併に伴い発足した製薬会社です。国内の新薬メーカーでは、売上高で第9位の規模となります。2008年の合併では、「協和発酵」が「キリンファーマ」を株式交換により完全子会社...

塩野義製薬は、テレビで一社提供の音楽番組を長く持つなどとても馴染みがある製薬会社です。薬局などで購入できる一般向けのOCT医薬品には鎮痛剤の新セデス錠、ビタミン含有保健薬のポポンシリーズなど見覚えがある製品も多いです。医療用医薬品も様々なラインアップがあります。歴史1878年に創業した医薬品メーカーです。前身は大阪で開かれた薬種問屋となります。塩野義とは、創業者・塩野義三郎からきたものです。創業当...

日医工は、国内ではまだ数が多くないジェネリック医薬品を中心としたラインアップの後発医薬品系メーカーで、国内第1位の売上を誇ります。新薬の自社開発を行う一方で、ジェネリック薬品も多く取り扱っています。設立、歴史1965年に日本医薬品工業として設立。1980年には、後発医薬品企業としては国内初となる上場を果たしました。2005年に現在の社名に変更。吸収合併や事業譲渡などを繰り返し現在に至ります。200...

沢井製薬は、何よりも「患者さんのために」という点を企業理念として掲げている医薬品メーカーです。ジェネリック医薬品をメインに取り扱う企業となります。沢井製薬が手がける薬の強み「消化器や循環器系の医薬品が強い」ということに加えてジェネリック医薬品メーカーの中でも、生産体制が一定水準を確保。安定して医薬品を供給できる点が挙げられます。さらに、以前より新工場をぞくぞくと設立していることに加えて、MRも増員...

東和薬品は、医療用医薬品のみ製造している医薬品メーカーです。テレビCMで、ジェネリック医薬品の普及を目的とした広告を行っています。ということもあって、医療業界の関係者のみならず、一般にも広く知られているメーカーです。歴史1951年に創業。ジェネリック医薬品を取り扱う後発医薬品系のメーカーでは研究開発費が43億円ととても多く、ジェネリック医薬品の売上高では国内で第4位となります。製薬業界では、以前よ...

富士製薬工業は、1954年に東京で創業された医薬品メーカーです。医療用医薬品やジェネリック医薬品を取り扱っています。2014年9月期の連結決算では、294億円の売上高を記録。業績は右肩上がりで、同期の経常利益は33億円で純利益は20億円となります。展開現在ジェネリック医薬品市場では、需要が高まりを見せる一方で新規参入が増え、競争が厳しくなっています。そんな中、富士製薬工業は効果的な経営資源を投入す...

テバ製薬は、世界最大のジェネリック医薬品メーカーです。グローバルに展開していることから、自社製品に加えて受託生産分も含めると1000品目をゆうに越える品目が、大きな強みとなる製薬会社です。企業理念テバ製薬は、「患者・顧客・株主・そして社員への責務を果たし、世界で最も必要とされる製薬会社になる」ことを企業理念として掲げている企業です。よく聞かれる社風「業務面では、非常に忙しくやりがいがある」という話...

ファイザーは、外資系の製薬メーカーの中でも知名度は高いです。特に男性の場合は、ED治療薬のバイアグラに興味をお持ちの方も多いでしょう。ED以外にも、とてもたくさんの治療薬があります。手がける薬の強み世界一の売上を誇るブロックバスター薬を抱えていますが特許が切れることから、ジェネリック医薬品の分野に進出するための部門を設立。様々な取り組みに世界から注目が集まっています。歴史ファイザーは1953年に設...

グラクソ・スミスクラインは、一般的にあまり知られることがない製薬会社です。企業理念「世界中の人々が、充実して心身ともに健康で、長生きできるよう生活の質の向上に全力を尽くすこと」を企業理念として掲げています。イギリスに本社を置く英グラクソ・スミスクライングループの日本法人です。背景英国本社は、2009年度に売上で世界4位となる規模を誇る巨大企業です。2012年の売上高は2728億万円。グループ全体で...

ノバルティス ファーマは、1997年に設立された医薬品メーカーです。持ち株会社ノバルティスホールディングジャパングループで、医薬品事業を担っています。世界的な医薬関連メーカーのスイスのノバルティス社の日本法人です。ノバルティス ファーマが手がける薬の強み循環器領域やオンコロジー領域などに強いです。血液癌と固形癌の領域に分かれており、専門性の高さが特徴となっています。スイス本社医療用医薬品や医療機器...

ブリストル・マイヤーズは、1989年に製薬会社同士の合併で設立された医薬品メーカーです。アメリカのブリストル・マイヤーズ スクイブ社の日本法人となります。理念ブリストル・マイヤーズは、深刻な病気を持つ患者を助けるための革新的な医薬品を発見・開発・提供することを企業理念として掲げています。まだ若い人でも裁量権が高いので、モチベーションが上がることや外資という事で、キャリアを積むには良いことが特徴の製...

日本イーライリリーは、外資系の医薬品メーカー。特に、糖尿病や成長ホルモンなどの領域に強い製薬会社です。また中枢神経領域でも、複数のブロックバスターが売り上げの上位にランクイン。非常に安定しています。歴史日本イーライリリーは、アメリカのイーライリリー・アンド・カンパニー社の日本法人です。国内には、1975年に設立されました。米国本社は、1876年に創業者・イーライリリー大佐により薬局として開業。後に...

シンバイオ製薬は、2005年に設立された製薬会社です。社名のSymbioは、「共創」「共生」などを意味し、患者さんを中心に医師・科学者・行政・開発資金提供者などがグループとして支え合う関係を象徴したものとなります。事業シンバイオ製薬社は一般的な製薬メーカーとは大きく異なります。現在までに治療法が確立されていない、空白の治療領域に特化した新薬開発を行うことを事業の目的としているのです。現状の医薬品業...

キョーリン製薬は、創業当時より「生命を慈しむ心を貫き人々の健康に貢献する社会的使命を遂行する」という企業理念を掲げ手いる製薬会社です。歴史1923年に創業。一般的には読みやすいキョーリン製薬と記載されることが多くあります。持株会社であるキョーリン製薬ホールディングスの傘下となり、国内では中堅に位置する医薬品メーカーです。キョーリン製薬は、設立当初から製薬会社として営業。合併などを繰り返す中で、20...

大正製薬は、テレビCMでよく見られるワシのマークでおなじみの製薬会社です。薬局やドラッグストアなどで販売されている大衆薬の分野では、高い国内シェアを誇ります。歴史1928年に創業。様々なメーカーがある中でも、日本人にはとりわけ馴染みがあって、知名度が高い会社ですが創業当時は薬局からの出発でした。その後に製薬所へと転身。1927年、今もなお販売されているロングセラー製品、咳止め薬のパブロンが発売され...

小野薬品工業は、1717年の享保年間に創業した老舗といえる製薬会社。医療用医薬品の専業メーカーです。強み小野薬品工業が手がける薬は、自社で開発している製品が多くとくにバイオ医薬品の開発に力を注いでいます。また遺伝子資産を有し、活用できる領域での医薬品創製も視野に。静岡県や大阪府にある国内の生産拠点だけでなく、アメリカにも研究開発の拠点を置きグローバルに展開しています。今後の発展につながる、大きな強...

持田製薬は、1913年に創業した製薬会社です。国内のメーカーでは中堅に位置しています。歴史創業当初は薬局での開業でした。その後に製薬所へと転身。1975年には、東京証券取引所第一部に指定替えして現在に至ります。製薬業界では、よくある吸収や合併などは行われず安定した経営で今日を迎えています。持田製薬は、絶えず先見的特色ある製品を開発。医療の世界に積極的に参加して、人類の健康・福祉に貢献するという会社...

ツムラは広告でよく見かけることから、知名度が高い医薬品メーカーです。テレビCMでも聞かれるように「自然と健康を科学する」という企業理念を掲げています。中心は漢方です。そして、一般的な製薬メーカーとは色んな面で違いがあってそれがツムラの特徴になっています。歴史ツムラは1893年に創業したメーカーです。国内のメーカーでは珍しく、医療用漢方薬に特化した会社となります。創業当初は、漢方薬局の津村順天堂とし...

ゼリア新薬工業は、コンドロイチン製剤の広告でよく見かける製薬会社です。このコンドロイチン製剤は、売り上げも高く同社の強みとして挙げられます。消化器領域にも力を注いでいます。特に潰瘍性大腸炎治療薬のアサコールは、安倍晋三首相の難病を救ったことでも注目を集めた治療薬です。歴史ゼリア新薬工業は1955年に設立された医薬品メーカーです。国内の同業界においては中堅メーカーとなります。創業当初は、研究所として...

キッセイ薬品工業は、1946年に設立された医薬品メーカーです。医療用医薬品を主に製造販売するメーカーとなります。歴史1946年の創業当初は、研究所として設立されました。その後に製薬メーカーへと転身。1991年には、東京証券取引所第1部に上場。吸収や合併などが行われることもなく今日に至ります。キッセイ薬品工業が手がける薬の特徴泌尿器領域と婦人科領域に強みが挙げられます。近年では研究開発費が増加したこ...

⇒参天製薬のMR情報ページはこちら参天製薬は、目薬のサンテシリーズで非常に知名度がある製薬会社です。目薬に特化した事業展開が功を奏し、同社の強みとなっていますが実は売上の多くは大衆薬ではなく、眼科向けの眼科薬。このあたりの事情は、あまり知られていないところだといえます。歴史設立は1890年。創業時は薬商としての出発。主に風邪薬が主力製品でした。戦後、主力商品を目薬・眼科薬・点眼薬・抗リウマチ薬など...

⇒バイエル薬品のMR情報はこちらバイエル薬品はドイツに本社を置くバイエル(Bayer AG)日本法人の医薬品メーカーです。独本社2012年度の連結決算は、総売り上げ239億ドル。世界ランキングでは10位に入っています。日本国内では1635億円を売り上げ、国内ランキング第17位の大手製薬会社です。バイエル薬品が手がける薬の強みかつてのアスピリンに続き、現在でもなお循環器領域に強くてブロックバスターも...